世界史リンク工房:コーヒーを飲みながら歴史を語れ

大学受験向け世界史情報ブログ。 受験のティータイム・コーヒーブレイクに目を通して、一味違う歴史的視点を我が物に!

各校の過去問対策、受験対策のほか、世界史を理解する上で役に立つ視点や勉強法についての情報を随時更新していきます。

以下のような方はとくにオススメ!

・東大、一橋などの国公立や早稲田、慶応の受験を世界史で考えている。
・論述対策を進めたい。
・教科書やプリントだと不足している情報が多すぎて、背景にあるつながりが見えない。
・『詳説世界史』などを読むだけでは気づけない、専門的な歴史的視点を養いたい。
・世界史を覚えるのが苦手で、どうやって勉強したらよいのかわからない。
・世界史の教員になりたてだが、西洋史が専門ではないので少し突っ込んだ知見を知りたい。

※ 目標に向けて頑張る受験生の皆さんの一助になればと思って頑張って更新し、情報もチェックしておりますが、人間ですのでミスなどが出ることもあります。当サイトの情報をご利用の際はあくまでも自己責任でお願いいたします。

※ 問題解説では、著作権で怒られても困るので、解説に必要な最小限の問題概要のみを示してあります。あくまでも解答にいたるまでの「考え方」を示すためのものでありますので、過去問の正確な内容については各大学にお問い合わせいただくか、赤本買ってくださいw また、大手予備校のHPからも閲覧できるかと思います。正規の問題が手元にあった方がわかりやすいと思います。


 2015年東大世界史第1問はモンゴル帝国の成立によるユーラシアを中心とした「広域にわたる交通・商業ネットワークの形成」と「人・モノ・カネ・情報が行きかうことになった」ことを重視する視点、すなわち1314世紀を「モンゴル時代」ととらえる見方を示した上で、モンゴル帝国よりもやや広い範囲、すなわち日本列島からヨーロッパにいたる範囲において見られた交流の諸相について問う問題です。モンゴルを扱う問題は東大ではたびたび出題されていますが、この設問は先に紹介した「13世紀世界システム」またはそれに類似した見方を意識していることには疑いがないと思います。それは、この設問が政治ではなく、経済・文化(宗教を含む)に焦点をあてて解答せよと言っていることからも伝わってきますね。

 

正直、2016年の問題と比較するとだいぶ取り組みやすいです。問題となるのは、どこまで広い視点を示すことができるか、また、どれだけ多くの事柄を結びつけて各地域や、交換される「人・モノ・カネ・情報」の関係性を示すことができるかということでしょう。つまり、この設問の肝は「何か一本筋の通ったテーマにそってユーラシアを描く」ことではありません。むしろ「広い地域における様々な事柄とそれらの関係性を示すことで、ユーラシアとその周辺地域(またはモンゴル帝国とその周辺地域)において形成されたネットワークを示すこと」にあるといえるでしょう。となれば、同地域の経済・文化・宗教について指定語句を参照にしながら描いたマインドマップをそのまま洗練していけばある程度の形にはなる、取りこぼしの少ないタイプの設問だと言えるでしょう。問題は「他の受験生の一歩先を行くために何が書けるか」ということでしょうね。平均点は取れる。そこからどれだけ先へ行けるか、これが問題です。モンゴル周辺の事柄は多いようでそれほど情報量が多いわけでもなく、関連する事柄というと内容もほぼ決まってきます。そういった意味では、知識量と知識の正確性の差が得点にかなり影響してくる設問だったのではないでしょうか。うろ覚えでは得点に結びつけるのは厳しいですね。

 

2016 第1

■ 問 題 概 要 

(設問の要求)

13世紀から14世紀における、東(日本列島)から西(ヨーロッパ)にいたる広域において見られた交流の諸相について論ぜよ(600字)

 

(本文から読み取れる条件と留意点)

・経済的、文化的(宗教を含む)側面に焦点をあてよ。

・「大航海時代」に先立つ「モンゴル時代」があるとする見方を参考にせよ。

・ユーラシア大陸の大半とその周辺地域における交通・商業ネットワークが本設問の軸にある。

・周辺地域には南シナ海、インド洋、地中海方面、西アジア、北アフリカ、ヨーロッパを含む。(モンゴル帝国という枠を超えている)

・人、モノ、カネ、情報の往来を注視せよ。

 

(指定語句):用いた語句には下線を付すこと

 ジャムチ / 授時暦 / 染付(染付磁器) / ダウ船 / 東方貿易 / 博多 

ペスト(黒死病) / モンテ=コルヴィノ

 

■ 解 法 の 手 順 と 分 析、 採 点 基 準

(解法の手順)

1、まずは順当に指定語句の整理を行います。ただ、本設問は上記の通り、モンゴル帝国という枠を超えた広範な地域同士の交流の諸相を描くものですから、地理的な理解と互いの相関関係の把握が必須です。そういう意味では、大まかな位置関係をとらえながら簡単にマインドマップを作成するようなイメージでメモを書いてみるといいでしょう。試しに、HANDの方でも本設問を解くとすればどんな感じで作業に入るのか実際にやってみました。

 

 2015東大ブレスト1

 

…きったねぇw

 

いや、しかし概ねこの程度で十分なのです(自己弁護)。地味に上の図がそのまま地理的な位置関係を抑えてあることに注意してほしいですね。例えば、「モンテ=コルヴィノ」、「ペスト」、「東方貿易」などヨーロッパ的要素が強いものをとりあえずヨーロッパ側に持ってきてあったり、ジャムチはユーラシア全体をカバーするようなイメージだったり。そして、指定語句を整理する中ですぐに頭に思い浮かぶような連想、書くのにもさほど時間のかからないものはさっくり横に書いておきました。たとえば、「カーリミー(商人)」であるとか、授時暦と関係する明の大統暦、日本の貞享暦などですね。カーリミーが左に傾いて斜めに「カーリミー」となっているあたりは明らかに紅海ルートが意識されていて我ながら心憎いw 


カーリミー
 

 

ちなみに、カーリミーの下から左右に伸びている⇔は、右がアラビアからインド、南シナ海へと抜けるルートを、左が東アフリカ沿岸地域へ延びるルートを想定しています。上で示したメモを書くのに要する時間がのんびりやってざっと1分強でした。同じものを受験生に試験会場で「1分以内で作りなさい」と言うと辛いかもしれませんが、現実問題として不完全なものでも1分半、長くても2分がかけられる時間としては限界でしょう。

 

簡単な見取り図ができたら、これをもとに関連する事項を書き加えていきます。その際、以下の点には十分に注意を払うべきでしょう。

 

    設問より、話の中心は経済・文化(宗教)が中心で、政治的な動きや戦争などは(直接的には)問題ではない。

    指定語句と関連付けできる事柄を最低でも一つは用意すべきである。(指定語句はすでに示されているわけだから、指定語句を書くだけでは得点にならない。指定語句は「正しく活用[関連事項と結びつけて述べる]」することによってはじめて得点になる。

    「大航海時代」に先立ってこの「モンゴル時代」において成立しているネットワークとは何かに注意を向けるべきである。

    周辺地域として示されている各地域を意識せよ。

    要素として、「人、モノ、カネ、情報」が入っているか注意すべし。

    交通ネットワークを示す際には、それが主としてどことどこを結んでいるか意識的に示そう。

 

まぁ、とりあえずこんなところでしょうか。ほとんどは設問の条件などから導き出される注意点ですが、特に注意が必要なのが①です。これを間違えてしまうと論述が180度違う、あらぬ方向へと飛んで行ってしまいます。にもかかわらず、意外に見落としがちなのがこれですね。どうもモンゴルの話と言うと、モンゴル帝国の領域拡大の話を書きたくなってしまうものらしいです。「バトゥがヨーロッパでワールシュタットは死体の山」であるとか、「モンゴルが南下してきたせいでタイ人は雲南から脱出でスコータイですタイ」であるとか、「フラグはどこにイル=ハン国」とか、この手のことは、はっきり言って本設問では意味がないのであります。もう何というか、これを書き始めた段階でその解答は完全にアウトです。これは例えて言えば、彼女に「私のこと好き?」と聞かれた時に「おれスキヤキが食いたい!」というようなものであり、先生に「HAND君、次の文章を訳してくれたまえ」と言われた時に「先生の髪型って味わいがありますよね」と受け答えるようなものです。

 

3bd24c2b492b8b7852d3b6a3b879848c
 (『ドラえもん』©藤子・F・不二雄)

 

何度も言いますが、論述はコミュニケーションなのであります。相手が求めたものをどれだけ用意できるか、それによって相手から与えられる愛(点数)が変わるわけですね。

まぁ、くだくだと述べましたが、何となく①~⑥の注意点を意識しながらHANDが書き上げたメモが以下のものです。

 
2015東大ブレスト2
 

 

 ホントに適当だなw

 まぁ、できるだけ臨場感を出そうとあまり意識せずにシャシャシャッと書いたものなのでご勘弁願いたいと思います。ちなみに、これを書くのに多分最初から数えて4分程度でしょうか。最初のものと比べるとだいぶ具体的に、かつ動きが出てき始めているのがわかります。変化している部分としては以下のような部分があります。

 

(新しく出てきた用語)

 イブン=バットゥータ、マジャパヒト、渋川春海、運河、郭守敬、杭州・広州・泉州・明州、東南アジア、海の道、パイザ(牌符)、交鈔(中統鈔、至元鈔)、銀、インフレ、ミニアチュール、イル=ハン国、パクス=タタリカ、ニコラウス4世(教皇)

 

(保留している部分)

 ・ペストの使い方:メモを書いている時点では、東西の人の流れ、特に東からの人の流れがペストの伝播経路となったことを指摘して「人の流れ=伝染病の伝播」という形でヨーロッパの社会制度自体を変化させる一因を作ったことを指摘すべきだろうか、と考えています。ただ、他に何かペストがからむ要素がないかどうか見極めなくてはならないと考えて「?」を付しています。

 ・銀の流れの方向:この時点では、斡脱(あつだつ、またはあっだつ:ムスリム商人・高利貸)について書くべきかどうか迷っています。一般に、この時期銀はイスラーム世界東部へと流出したと考えられています。(『詳説世界史』には「当時イスラーム世界の東部では銀が不足しており、中国から銀をもち出せば交換レートの差により大きな利益が得られた。そこで斡脱と呼ばれたムスリム商人は、中国の銀を集めるため、科差のひとつである包銀の施行を元朝に提案し…銀を搾りとってイスラーム世界に流出させた」とあります[2013年版、p.150])ただ、問題なのはこの銀の流出の規模と時期がどの程度のものなのかをどう判断すべきか迷っているのですね。交易が盛んなわけですから当然元に入ってくる銀もあるわけで、そのあたりのところに注意しないとこの銀をめぐる記述はかなり怪しいことになってしまうため、注意を払おうとしています。

 ・インフレ   :これは単純に設問が「交流の諸相」を求めているために、書くべきかどうか迷っています。交鈔による社会的な変化として重要な事柄なので一応示してはみたものの…、「どうしようかな」というところですね。

 ・博多     :これも、使うとすればどのように使おうかと迷っています。元寇を書いてしまえば簡単なのですが、元寇は侵略戦争であって「文化的、経済的な交流」のうちには(厳密には)入りません。(もっとも、元寇を通して両国間に経済的、文化的に意義のある交換が行われたとしたら別です。しかし、元寇を通して日本または元に伝わったものでその後の両国の主要な文化として取り入れられたと言えるものはあまり見当たらない気がします。)ただ、単純に交易の窓口としただけではいかにも面白くない(もしそういう使い方をさせるつもりなら指定語句としては示さないでほしいw)ので使いようを探っているところです。

 ・染付(景徳鎮) :とりあえず陶磁器の伝播経路としての海の道、ムスリム商人とダウ船などを想定していますが、もっと面白い使い方はないものかと考えています。ついでに、海の道が出てくるのだから、メモに書いてはいませんが「シルクロード」やモンゴル時代の交易拠点なども使えるなと考えています。イラン方面と結んでいるあたりでコバルトも意識していますね。

 ・宗教      :とりあえずカトリック伝播とイル=ハン国のイスラーム化、北インドのイスラーム化なんかもあるけど、他にないかなーと漠然と思っています。

 ・インド、東アフリカなど:この辺の地域をどう使おうかなーとも漠然と考えています。

 

 とまぁ、大体以上のようなことを考えながら上の図を書いているわけです。もっとも、これらを全部メモとして書いていたらそれだけで終わってしまうので、書くのは「特にこの辺が重要かな」とか、「この辺を書いておくと後でパッと他のことが思い出せそうだな」といったことを書いておきます。こうした作業に慣れるためには、やはり「普段から過去問を解いておかなくてはならない」でしょう。最悪の場合、文章としてまとめる時間がなかったとしてもこのマインドマップ作成練習をやっておくだけで多少の役にはたってくるものです(気休め的なところはありますが)。

 

 大論述を解く際に、どのような思考手順で解いているかということが実感していただけたでしょうか。おそらく、似たような手順で解いている受験生も大勢いることと思います。注意しておいてほしいのは、常に今回のような手順を経るわけではないということです。地理的・経済的・文化的交流を描く場合と政治的、思想的な比較などを行う場合にはまた微妙に違った手順を踏むこともあります。型にはまらずに、まずは「連想ゲーム」の一種だと思って様々なことを思い浮かべ、結びつけるという作業に慣れておくと、思わぬ出題に出会ったときにも焦らずに解答を組み立てることができるでしょう。

 

それでは、以上のことを注意した上で地域ごとに「人・モノ・カネ・情報」についてまとめてみましょう。以下がその表です。もちろん、内容によっては複数の地域にまたがる事柄も出てきますが、それらについては表の中で示していることもあれば、面倒なので省いてしまっている部分もあります。(たとえば、イブン=バットゥータなどはモロッコ出身でアフリカ、西アジア、中央アジア、南アジア、東南アジア、東アジアと諸方を旅しているが、これをいちいち示すようなことはしていません。)ただ、「ここは示しておかないとわからないだろうな」というところについてはきちんと示したつもりですので、不足している部分はみなさんで補って考えてください。

東大2015訂正版

(解答に書き入れたいと意識しているものは赤で示しました) 



 さて、解答の作り方ですが、最も避けたいのは極端に「地域ごと」でまとめようとすることです。先の表からもわかるように、ある事柄について「この地域」というようには限定できないことが多いですし、縦割りにしてしまうとせっかく各地域の交流を描くことで生まれる「動き」や「ダイナミズム」が失われてしまう気がします。地域ごとの縦割りに分類したい気持ちをここはぐっとこらえて、あえて境界をこえるような描写を行うことに専念してみたいところです。こうした「分類への欲求を断つこと」や「境界をこえること」は近年の歴史学が様々なジレンマを抱えながらも追及している方向性の一つでもあります。なんだかご立派なことを言っていますが、正直言っている時点で「いやー、無理だろ、コレ。」と思ってたりしますw 600字ですからねぇ…。無茶言わないで欲しいというところですが、仕方ありませんw

 今回、解答例作成については特に以下の点に注意してみました。

 

  交易拠点、地域、海域を示すことで交流のネットワークを示す

 :ある国や地域名を出してしまうと、話がそこに限定されてしまい、広域ネットワークの様子を示すことができません。もちろん、「Aからは○○が、Bからは△△が」というように示せば互いの交流は示せるのですが、書くべき範囲が広いのでこれをやっていると字数が消費されて仕方がない気がします。それよりも、各地の交易拠点を示してそれを陸路、海路で結んでみせるという方が、ルート全体の把握につながりますし、あるルートに接している地域であればどの地域に言及しても良いことになりますから、こちらで書くことを心がけました。

 

  交易の担い手、取引品目、交通の手段については特に注意して数多く示す。

 :本設問では特に経済に偏って示せと言っているわけではないのですが、交易の様子を描くときに特別な指示がない限りは、その担い手と取引品目を示すのは必須です。そういう意味では一橋の2008年の大問1で出題された「ハンザ同盟の活動とレヴァント貿易の対比」なんて参考になりますね。時間ができたらそちらも解説あげていきます。交通手段については今回はダウ船が指定語句ですので、最低もう一つくらいは示したいですね。

 

  カネと文化については、まとめ方を考える必要がある。

 :多分、今回一番苦労したのがここです。どれも関連がないわけではないのですが、全てを一直線に述べられるほどの関連性はないんですね。たとえば、イブン=バットゥータと授時暦とミニアチュールを述べようとすると、多分それだけで結構な字数をくっちゃうんですよ。例えば、「イブン=バットゥータのような旅人が大都に来訪したようにイスラームの文化や人が元に流入した結果、その影響を受けた郭守敬が授時暦を作成した。また、中国の文化もイスラーム圏に伝わり、中国絵画からミニアチュールが発展した。」なんて書くとこれだけで107字ですからね(´・ω・`)

 

■ 解 答 例 

 モンゴル帝国によるパクス=タタリカの下、駅伝制度ジャムチと大運河で陸海交通路の結節点となった大都には、フビライに仕えたマルコ=ポーロや、旅人イブン=バットゥータなどが来訪した。ムスリム商人は陸路サマルカンドを中継しラクダによる隊商交易を行い、海路では泉州などが海の道と結ばれ、ダウ船を操るムスリム商人とジャンク船を操る中国商人によりイラン産コバルトを原料とする景徳鎮の染付や東南アジアの香辛料が南シナ海やインド洋で取引された。明州は博多と結ばれ銅銭が輸出、刀剣や扇が輸入され、高麗青磁なども取引された。西方ではカイロやアデンを拠点に地中海、紅海、アラビア海を結びつけるカーリミーが東方貿易で香辛料や絹織物をイタリア商人へ中継し、エジプトの砂糖などを各地に運び、ヨーロッパからは金銀やワインを仕入れ、東アフリカ沿岸では黒人奴隷取引の中でスワヒリ語が発展した。各地で銀の流通が盛んになると交鈔や手形などの決済手段が発達した。交通の発達は情報交換を促進し、スーフィズムの影響によるアジア各地のイスラーム化、モンテ=コルヴィノのカトリック布教などの宗教の伝播や、元の郭守敬による授時暦、インド最古のモスクにあるクトゥブ=ミナール、中国絵画の影響を受けたミニアチュールなどの文化的発展につながった。ヨーロッパにも火薬や羅針盤、印刷術が伝わったが、交流拡大はペストの流行を招き、人口が激減して封建社会が動揺した。

600字)

 

(解説)

 …言うほどダイナミズムが前面に出ていませんねw 600字の壁は厚いw

 

・まず、交通路として元の都大都の重要性を示しました。その上で、マルコ=ポーロやイブン=バットゥータといった異邦人やムスリム商人がこの大都に集まってくる様子を示してあります。色目人も示したかったのですが、字数の関係で断念しました。そのかわり、マルコ=ポーロがフビライに仕えた事実を示して、これが元のことであること、異邦人がその官僚として仕えることもあったことを示しています。事実、マルコ=ポーロなどのヨーロッパ人は当時「フランキ」と呼ばれた色目人でした。

 

・事前の注意通り、交易の拠点と海域を示すこと、さらに担い手と交通路をそこに示すことで、モノ・カネ・情報がどういうルートで動いたのかを示しました。実際にこの解答に示された地名、地域や海域などを図にするとこんな感じになると思います。

 

東大2015地域相関図


 

頑張って作ったんですが、見づらいですかね。クリックしてから出てきたものをさらにクリックすると拡大できると思います。意外にちゃんと書いてあるでしょ?交通路は基本的に拠点と海域で示して、地域の名称は取引された品目の産地や文化財の中で示すようにしてあります。(イラン産のコバルトとか、インドのクトゥブ=ミナールとか、東南アジアの香辛料とか。)こうしておけば、「アジア各地のイスラーム化」という文言が生きて来るかなと。「イル=ハン国」とか「デリー=スルタン朝」とか特定の地域や王朝名を出しちゃうと字数の関係でそれだけしか書けないんですよね。

 

・今回は宗教についてはモンテ=コルヴィノ以外、基本的にイスラームに頼ることにしました。その方が上記の通り、ムスリム商人の活動とのリンクもしやすいですし、正直チベット仏教はこの時期陳朝あたりに伝わるくらいで目立った拡大はしていません。ヒンドゥーも、出すとしたらマジャパヒトですが苦しいですね。東南アジアのヒンドゥー圏が本格的にイスラーム化されるのはもう少し後、マラッカ王国以降のことですし、現実問題として当時の東南アジアでは仏教も優勢でしたから、全てを書くこと自体困難です。モンテ=コルヴィノに加えてスーフィズムとアジア諸地域へのイスラームの浸透、クトゥブ=ミナール(アイバクがつくったインド最古のモスクにあるミナレットです)、このあたりがあればとりあえずは及第点ではないでしょうか。

 

・文化については交通の発達と情報伝達の促進と結びつける形でいれていますね。最初にマルコ=ポーロとイブン=バットゥータは示してありますし、上記の宗教に加えて授時暦、ミニアチュール、スワヒリ語、さらにヨーロッパへの火薬、羅針盤、印刷術という定番を入れて…要素としては十分ではないでしょうか。本当は文字を入れたいところなのですが、うーん。パスパ文字やチュノムって今回微妙じゃないですか?本設問が要求する広域の交流の諸相って言うほど広域に伝播して影響与えたものっていうイメージがわかないというか…。パスパ文字は多分に政治的なもので、元が滅亡したら公用語としては使われなくなりますし、漢字の影響受けてチュノムって別にこの時代、この交通の発展の中じゃなくてもいい気がします。

 

・もちろん、上の解答は練って書いたものですから、みなさんが受験会場で同じものを書く必要は全くありません。ただ、私が試しに最初書いてみた解答は、大筋は上の解答と変わりません。ただ、入っている要素が少ないだけです。例えば「刀剣や扇」のところが刀剣だけだったりとか、「地中海、紅海、アラビア海」が地中海と紅海だけだったりとか、マルコ=ポーロがフビライに仕えた情報が入っていないとかですね。字数の関係で、短時間でコンパクトにまとめようとすると、書ききれないものも出てきます。ただ、満点解答を作る必要はないわけですから、各部分の情報量が多少減ったとしても大筋で問題はないでしょう。最初の解答でも絶対に削らないようにしたのは、広域のネットワークが形成されていたことを示す交易拠点と海域、地域、交通などに関する情報です。これが今回の問題の肝だと思うんですよね。少しでもご参考になれば幸いです。
 

 HANDはたびたび「東大の世界史では」とか、「東大が受験生に求めているのは」と口にするのだが、これは何も東大の過去問だけから当てずっぽうに推測で述べているのではない。歴史学の近年の動向ももちろんだが、特に東大の教員が行っている諸研究や執筆した書物などから読み取れることを口にしているに過ぎない。ちなみに、歴史学の近年の動向を一般の方が簡単につかみたいと思うなら、財団法人史学会(ちなみに本部は東京大学文学部内)が発行している『史学雑誌』から毎年出される第5号がその前年の歴史学会の「回顧と展望」の号となっているので、これが参考になるだろう。ただし、書かれている内容は極めて専門的な内容(少なくとも、大学の史学部学生がある程度勉強してから理解できる内容)になるので、高校生がちょっと見ただけで全貌をつかむのは難しいかもしれない。もし大学生になって史学系の学問を志す気になった場合は、おそらく最初に触れる学術雑誌になると思うので心にとめておいて欲しい。

 

 ところで、HANDが注目している東大の教員の中でも特に重要なのがたびたび言及している東大副学長(かつての国際本部長)である羽田正教授だ。氏はかねてから大学で行われている歴史学と高校教育における世界史の現状があまりにもかけ離れていること、さらに一般の人に歴史学の成果が十分に伝わっていないことを憂慮しており、いかにすれば歴史学をさらに有意義な学問として発展させていけるか、またどうすれば歴史学と一般の人々との間にある乖離をなくしていくことができるかを考えていた。そうした氏の考えは、たとえば氏の代表的著作である『イスラーム世界の創造』(東京大学出版会、2005年)にも示されている。じつはこの本は当時大学院生として氏のゼミに参加していた私が課題図書の一つとして与えられて討論を重ねたものでもある。要は、氏が当時どのような考えをお持ちだったかを直にお話としてうかがっているわけだ。この『イスラーム世界』の創造は著作自体が「アジア・太平洋特別賞」や「ファラービー国際賞」などの賞を受賞し、「イスラーム世界」という概念の曖昧さを指摘した当時としては画期的な書であったわけだが、この著作には氏の「イスラーム世界」に対する考え方や「世界史」に対する危機感が随所に示されている。本書の内容の紹介はまた別稿で改めてする予定でいるが、氏が本書の中で示している要点を示せば以下のようになる。

 

・「イスラーム世界」というのは一種の「イデオロギー」であって、ある地域の歴史の実態をとらえるための枠組みとしては極めて曖昧なものであるから、こうした枠組みはすでに不要のものである。

・「イスラーム世界」という概念が特にヨーロッパの知識人たちを中心に想像されてきた概念だとすれば、そこには「ヨーロッパ」という対概念が存在し、これもきわめてイデオロギー的かつ曖昧な枠組みであるから再考を要する。

 

つまり、氏は「イスラーム世界」という概念は実際に存在する地理的要素、気候、風土、政治体制、民族、経済的なつながり、文化などの諸要素とその相違を全く考慮することなく、「宗教的にイスラームが主要に信じられている地域であるから」とか「イスラーム法が通用する世界であるから」などといった乱暴なくくりで一つの世界としてまとめてしまう概念であり、こうした曖昧な概念では各地域の歴史的実態を真に把握することはできない、ということを主張している。さらに、こうした「イスラーム世界」という概念が近代歴史学の基礎を作り出した19世紀ヨーロッパ知識人による「ヨーロッパに対するイスラーム」という視点、イデオロギーによるものであることを問題視するのである。わかりづらいかもしれないが、極端な例をあげれば、仏教が信じられる地域を全て「仏教世界」として規定し、かつそこに存在する都市を「仏教都市」として類型化することは果たして可能かどうかを考えればその問題点は明らかになるはずだ。また、タイが仏教国だからといって、タイが文化的にインドやイランよりも日本と類似性が強い、という議論が成り立たないことも明白だろう。にもかかわらず、現在の歴史はこれと同じことを「イスラーム世界」においてしてしまっている。「イスラーム世界」であるからカラ=ハン朝とムワッヒド朝は「同じようなイスラーム王朝」と言えるのだろうか。「イスラーム世界」に存在する都市は全て「イスラーム都市」としての性質を有しているといえるのだろうか。氏はこれを明確に否定している。

 

 「イスラーム世界」には独特の形態と生活様式を持った「イスラーム都市」が存在するという命題が破綻していることを、私はこの本の出版以前にすでに仲間とともに指摘していた。(同書P.289

 

こうした考え方に基づくと、最近の世界史の記述の中に、または東大の設問中に「アラブ=イスラーム文化圏(2011年東大第1問)」であるとか、「トルコ=イスラーム」といった用語が用いられるようになってきている理由が良くわかる。氏は、イスラームという要素のみならず、その時代、各地域における特徴を踏まえた上でその歴史的実態をとらえようとしており、少なくとも現在の歴史学界の潮流としてそうした考え方は一定の支持を得ているのだ。また、氏は世界史の記述に関してこのようにも述べている。

 

 私は別稿で、国や民族などある一つのまとまりを設定し、そのまとまりの内の出来事を時系列に沿って整理し、解釈しようとする現在の歴史研究の限界を指摘し、「不連続の歴史」という考え方と現代の地域研究から示唆を得た「歴史的地域」という概念を提唱した。未だ萌芽的な研究ではあるが、これは、過去のある時代に一つの地域を設定し、その全体像を地域研究的手法によって明らかにしたうえで、現代世界をそのような歴史的地域がいくつも積み重なったうえに成立したものとして理解しようとするものである。

また、歴史的地域を考える際には、環境や生態が十分に考慮されるべきだということも強調した。…(中略)…必要とされる世界史とは人間と環境や生態の関わり方の歴史を説明するものでなければならない。(同書P.298

 

 こうした世界史像からは、氏が詳細かつ緻密な地域史研究に基づいたある時代、ある地域の歴史的実態をもとに、それらが複層的に折り重なって形成される世界史像を求めていることがわかる。東大の出題ではで各地域同士の関連が重視されるとは繰り返し指摘していることではあるが、これは単なる過去問分析からだけではなく、こうした東大教員の歴史観、歴史学会の流れなどをふまえた上で指摘していることである。

 

 もっとも、羽田氏が現在でも同じような歴史観を抱いているかは当然わからない。しかし、つい最近、羽田氏をはじめとする歴史学者たちが興味深い書物を出版した。それが『世界史の世界史』という著作である。内容については『イスラーム世界の創造』と同様、高度に専門的な内容がほとんどであるので高校生には難しすぎるため、また別稿を設けて紹介するが、この著作のタイトルからも見てわかる通り現在の「世界史」をいかにすべきか、という視点が多分に盛り込まれていて、羽田氏をはじめとする歴史学者が現在の世界史をどのような目で見ているのかということをうかがい知ることができる。

 同書の終章にあたる「総論」は「われわれが目指す世界史」というタイトルになっていて、この本の編集委員会を構成する秋田茂、永原陽子、羽田正、南塚信吾、三宅明正、桃木至朗らによる議論の中でまとめられた、彼らが目指すこれからの世界史像の概要を知ることができる。ここには編集委員会のうち桃木至朗・秋田茂・市大樹らが大阪大学で担当する授業のために作成した「現代歴史学を理解するキーワード一覧」が示されている。この中には受験生にはやや難解な用語も含まれるが、高校教員や大学で史学を志す学部生などにとってはある意味ではなじみのある、またある意味では再度歴史学の問題関心を見直す上で非常に便利な表であると思われるので、下に引用する。

 

 世界史の世界史

(同書P.400より引用)

 

さらに、この総論ではこの編集委員会の目指す方向性とその可能性や問題点についての検討がなされている。各節の見出しを見るだけでも、その目指す方向の大枠はつかめるので、同じく下に示す。

 

・国民国家を超える / 疑う

・欧米中心主義と闘う

・「反近代」、「超近代」、「ポスト近代」

・脱中心化

・人間中心主義から離れる

・「世界史の見取り図」の必要性

・「全体像」と「個別研究」の関係

・人文学の限界を方法、組織面で突破する世界史

 

編集委員会はこれらの方向性について、その意義を強調すると同時にどのような問題点があるかを詳細に検討している。たとえば、「国民国家を超える」ことは必ずしも万能ではなく、『「多様性のなかの統一」「多元一体」などをうたう柔らかいタイプ』のナショナリズムへつながる可能性などを指摘するなど、ナショナル・ヒストリーの超克とグローバル・ヒストリーの叙述が常に喜ばしい、望ましい方向へ向かうわけではないことなどを指摘している。いずれにせよ、この「総論」で挙げられている問題関心を見る限り、先に紹介した『イスラーム世界の創造』が執筆された時期(2005年当時)と比較しても、現在(同書は20169月の発行である)の問題関心とその方向性や軸が大きくずれているようには感じられない。こうした歴史観を羽田とその周辺の歴史家たちが共有しているのだということを知ったうえで、東大をはじめとするいわゆる難関校と呼ばれる大学の、ここ数年、あるいは今後数年の出題傾向を見ていくと、なかなか面白いものが見えてくるのではないだろうか。

 

 よく教え子と話をしていると、「自分で勉強を進めようと思っているんだけれども、何を用意すればわからない」とか、「問題集はどういうものを使ったらいいですか?」とか、「論述対策には何を使ったらいいですか?」という声を聞くことがある。こういう時の私自身の答えは、本当は「自分で本屋に行って自分に適していると思えるものを選びなさい」というものだ。例えば、書評では「これはいい!」という風にされている本でも、その子自身にとってはまだ難解すぎてわからないといったことはあるものだし、逆に「こんなテキトーなことを書いている本はダメだ!」とされているものであっても、入門書やとりあえず話の流れだけでも理解しておきたいという人にとっては案外役に立ったりということがあるからだ。

 そこで、こちら「HAND’s BOOK(参考書・問題集)」では、実際にHANDが高校受験から教壇で用いるものまで、これまでに使用してきた問題集・参考書の特徴や、長所・短所を紹介していきたいと思う。

 

改定版『詳説世界史研究』

(木下康彦・木村靖二・吉田寅編、山川出版社、2016年)
 
23

(★:5、難易度:5、◎がそれぞれの最高評価です)

 

 まずご紹介するのがこちら『詳説世界史研究』だ。東大をはじめとする難関国公立や早慶あたりを受験する高3生であれば持っている人の方が多いと思う。正直、これらの大学を受験するのであれば必携の書だ。私がこの本を手に取ったのは高校1年か高校2年の初め頃だったと思うが、当時は価格ももう少し高くて「うわっ!高っ!」と本屋でうなったものだが、立ち読みしているうちに「むむ…むむむ…プリントや教科書に書いてないけどそうか、これはこういうことだったのか…!」ということがわかるにつれ、なけなしの一万円を握りしめて買った記憶がある。だが、買っただけの甲斐は間違いなくあった。それ以降、この『詳説世界史』は自分が世界史の基本を確認する際に常に側にあったまさに「座右の書」だ。もう何冊買ったかわからないw(最初に買ったものを確かめてみたら1995年発行とある。その後、何度か買い直したがとりあえず手元にあるだけで版の異なるものが4冊ほどある。)それでは、この参考書の特徴を示しておこう。

 

[長所]

・情報量が多い。(2016年発行版で598P!)

・歴史的な事実だけでなく、その背景や影響などタテ・ヨコのつながりに強い

・歴史学でも最先端の知見が盛り込まれていることが多い

・コラム欄が充実している

・長年版を重ねているので教科書なみに誤りが少ない

 

[短所]

・情報量が多い分、情報を絞って勉強したい人間にはかえって負担となる

・地図、図表は良質なものが多いが数が少ない

・一般的な教科書と比べればマシだが、思想史の説明が弱い

:全体的な流れは把握できるが、異なる文化的流れ同士のつながりや、個々の思想家の思想のディテールが見えない

 

こんなところだろうか。まず、長所の第一に挙げた「情報量が多い」だが、ためしに本HPの「東大への世界史①」であつかったイタリア戦争について、東京書籍の『世界史B』とこの『詳説世界史』の記述を比較してみると以下のようになる。

 
詳説世界史1
  

これは表面的な違いだが、さらに詳説世界史のみに記述のあることを列挙してみよう。

 

・シャルル8

・ナポリ王位継承権の要求(戦争原因)

・ルイ12

・フランスのミラノ公国占領

・カルロス1世がイタリアに侵入した年(1521

・神聖ローマによるローマ略奪(1527)についての顛末

 (「サッコ=ディ=ローマ」と呼ばれる事件であるが、詳説世界史でも用語としては出てこない。)

・クレピーの和約(1544

・フランソワ1世の死(1547)とアンリ2

 

これだけの情報が『詳説世界史』の方にしか出てこないのである。いかに情報量に違いがあるかがお分かりになるだろうか。ただし、これは東書の『世界史B』が質的に劣っていて、『詳説世界史』の方が優れているということではない。東書の『世界史B』も執筆陣を見れば歴史学の世界ではメジャーリーグを通り越して殿堂入りを果たしておられるような先生方ばかりだし、各コラムをはじめ説明の仕方も最新の歴史学の成果が盛り込まれている。ただ単に、高校の集団授業で用いる際に必要な情報量をきちんと備えているのが東書の『世界史B』であり、個人で細かな情報を確認することを目的として作られているのが『詳説世界史』であるという、用途の違いからきているものだ。だから、私は高校の授業で『詳説世界史』を用いることは推奨しない。『詳説世界史』では情報量が多すぎて高校の世界史の授業では全てをカバーすることが難しいし、内容についていけない子が出てきた場合に自学自習させるテキストとしても不適切であると思うからだ。

 だが、実際には早稲田や慶応でも教科書レベルの知識では追いつけない内容を聞いてくる。たとえば、早稲田大学2015年度大問2設問4を見てみると以下のようなものである。

 

 下線部④に関し、カルタゴの滅亡を目撃した歴史家を以下のア~エから一つ選びなさい。(下線部④は「三回にわたるポエニ戦争によりカルタゴを滅ぼしたローマ」である)

 ア ポリビオス

 イ リウィウス

 ウ タキトゥス

 エ プリニウス

 

 ちなみに、正解はアのポリビオスなのだが、この設問は教科書の情報からだけではどうやっても解くことが困難である。ポリビオスの生没年が一応は小さくあるが、文化人の生没年を逐一正確に把握する受験生はいたとしても稀だろう。また、他の文化人も一応ラテン文学の全盛期の時期の人物たちとしてひとくくりにはしてあるが、おそらくこれを読んだとしても情報量が少なすぎていつ頃の時期なのかをきちんと把握するのは困難である。対して、『詳説世界史』の記述からはリウィウスとタキトゥスについては「アウグストゥス時代になって」であるとか「帝政期に」といった形で繰り返しかれらが前期帝政時代の人間であるということが示されるし、プリニウスについてはページ下の注釈に「79年にウェスウィウス山が噴火したとき被災者の救出に赴き、みずからは調査を続けてついに犠牲となった」とあるので、前期帝政期であることは確認できるから、解けるかどうかはともかくとして、事実として確認をすることはできる(ちなみに、赤本には本設問は「難問」として解説してある。無理もない)。つまり、『詳説世界史』は早慶レベルの過去問演習の後の答え合わせの際に参照するには、教科書よりも優れていることが多い。対して、マーチクラスやセンターレベルの過去問を解き進める上では、『詳説世界史』の情報量の多さはかえって邪魔になるかもしれない。以上をまとめると、以下のようになる。

 

[向いている人]

・東大をはじめとする難関国立大、早慶などの世界史で高得点を取りたい人。

・教科書に書いていないことが気になる人や教科書・プリントの矛盾点などを見つけると気になって仕方がない人。

・単に歴史用語を覚えるだけではなく、その原因や背景といったことまで細かく理解したい人。

・世界史の基礎知識はすでにある程度入っている人。

・模試の世界史ではコンスタントに偏差65程度はこえてくるという人。

 

[オススメしない人]

・まだ世界史の基礎が全く身についていない人。

・取り急ぎ、主要な歴史用語や流れだけを確認したい人。

・東大、早慶といった難関校の世界史を解く必要がない人。

・センターレベルの世界史ができれば十分という人。

・論述は必要だが、正直そこまで細かい知識は必要ないという人。

・あまり細かい字がたくさん並んでいると吐き気をもよおす人。

・模試の世界史では偏差50くらいが限度という人。 

↑このページのトップヘ