世界史リンク工房

大学受験向け世界史情報ブログ

2021年01月

今年度もさっそく「大学入学共通テスト」の世界史Bを解いてみました。今年度からこれまでの「センター試験」から「大学入学共通テスト」になったわけですが、さすがに問題の形式・内容は大幅に変わったようです。予備校の分析の方ははっきりと「難化した」、「平均点は下がるだろう」としているようですし、私自身が解いてみた感想も「そりゃ、平均点は下がるだろうな」という感触です。ただ、確かに難しくはなっているのですが、要求される知識などがこれまでと変わっていますかと言われると「そんなことはないね」というのが印象です。結局、要求される「世界史の知識や理解」については変わりがなく、学習の仕方も特に変更の必要はないと考えています。

今回の問題の長所と短所について考えてみたのですが、長所については何といっても「①史資料問題が豊富に出ている」、「②解く人間にアタマを使わせる設問になっている」という点でしょう。史資料問題がたくさん出ている点については、世界史の知識をきちんと活用して理解するところまでできているかを問う上で非常に有用だと思いますし、多くの情報を整理したり、推測したりして正解を導き出すという作業は、その人の情報処理能力をはかる上で有益だと思います。一方で、短所についてですが「①結局、思考力というよりは読解力を問うだけの問題になっていないか(世界史の問題ではなく、国語力の問題ではないか)」という点と「②設問自体が煩雑になっていないか」という2について強く感じました。①についてですが、文章の読解能力についてはすでに受験生は「現代文」という科目で問われているわけで、世界史でさらにその能力を問うのはいかがなものか、という気がしないわけではありません。ただ、一方で大学生になる(あるいは社会人になる)と、きちんと文章や情報を読み取り正確に理解することがとても、とても、とても、とても大切になります。本をきちんと読めないと(理解できないと)高等教育を受けることはできません。(というより、教授や「分かっている奴」と話がかみ合いません。)ですが、実際にはそれが「大学生でもできない」ということがよくあるわけですので、そういった能力を求める、ということは(「世界史」という科目でそれを図る必要があるかどうかは別として)妥当な気もします。ただ、人間の能力は様々あるわけでして、「人の言ってることはよく理解してくれないけどやたらたくさんのことを覚えることができて知識が豊富な奴」もいれば「人の言うことはよく理解できるけどさっぱりものを覚えられない奴」もいるわけです。その辺のことを考えたときに、今回のテストはちょっと偏ってないか?と感じる部分もありますが、変革の時期なので仕方ない部分もあるのかもしれません。①については一長一短という部分もあるのかな、という気がします。②についてですが、あちこちに空欄があって、かつあちこちに(下手をすると前のページに)参考にするべき文章やらグラフがあったりして、設問自体がボコボコのパズルのようになってしまっています。もちろん、アタマを使わせるためだというのはわかるのですが、あまりに煩雑で「アタマを使わせる以前に無駄な労力を使わせてやしませんか?」と感じました。正直、もう少し洗練してほしかったなぁという気がします。ですが、全体としては高いレベルにまとめられた問題だったのではないかと思います。解く方は大変だったかと思いますが、結果に差が出る問題だったのではないでしょうか。

今年も解いたうえで、解答を導くのに必要な知識、考え方についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。(ただし、急いで解いたこともあり[というか、眠いです。現在AM3:30]、チェックが行き届いていない部分もあるかと思います。書いてある内容に間違い・勘違い・見落としなどあるかもしれませんが、そのあたりのところには責任を負えませんので自己責任でお願いいたします。)今年度は本当にたくさんのイレギュラーがあって受験生のみなさんは大変なのではないかと思いますが、からだにだけは気をつけて頑張ってください。 

 

 1 ‐③
:史料(資料)より、空欄アに入れる人物が「始皇帝が亡くなった時の大臣(宰相)」であることは明らかですので、このヒントからだけでも李斯(う)であることは導けます。また、李斯は法家として知られていますので、「統治のために重視したこと」は「法律による秩序維持」について示してあるZが正解となります。(う)とZの組み合わせですから、解答は③となります。

 ちなみに、孟子は性善説を唱えた儒家であり、張儀は各国に秦との同盟(連衡)を唱えた縦横家です。また、Xは儒家の思想、Yは墨家の思想(兼愛)です。

 

 2 ‐③(消去法)
①:始皇帝の思想弾圧(焚書)では医薬・占い・農業書以外の書物が焼かれた。

②:エフェソス公会議(431)はネストリウス派キリスト教を異端とした公会議。この時期にはまだ教皇権は強くない。また、禁書目録などが定められて異端審問が強化されるのは16世紀の対抗宗教改革の時期。(cf. トリエント公会議[1545-63]

④:マッカーシズムの語源となった上院議員マッカーシーはアメリカの人物。

 

 3 ‐②(やや難)
:武帝の時期の政策は②と③。これらのうち、司馬遷が批判の対象としている政策は設問より「商人・経済活動の自由を奪うような政策」であることが読み取れるので、正解は②。

 

①:呉楚七国の乱が起こったのは景帝の時で、武帝の即位より前。

②:武帝の経済政策としては、均輸法・平準法や塩・鉄・酒の専売制などが有名。

③:董仲舒は武帝に五経博士の設置などを進言して儒学の官学化を達成した人物。

④:三長制や均田制は北魏の孝文帝の政策で導入された。(5世紀)

 

 4 ‐③

:世界史の知識というよりは半分は文章読解の問題です。

 

(前提としたと思われる歴史上の出来事)-「あ」が正解

:「1790年以降、聖職者市民法の適用によって、一連の文書は領地と同様に、没収されたに違いないでしょう」とあるので、文書が没収されたのは1790年以降と分かる。1790年当時は国民議会の時代。(次の立法議会になるのは1791年憲法に基づく制限選挙の後)

:また、「い」の総裁政府の時代に国王が処刑されたという文章は明確な誤り。ルイ16世の処刑は国民公会の時代(17931月)であるというのは頻出。

 

(文書資料についてのブロックの説明)―「Z」

:「最も望ましいのは第1の場合」とあり、それは「領主の所領が教会に属していた場合」であり、「亡命した者(俗人)に属していた」という場合も「悪くない」、一番まずいのは「きわめて厄介」である「俗人だけれども…亡命しなかった者に属していた場合」とあるので、使いやすい資料の順に「教会に属していた場合>俗人で亡命した者に属していた場合>俗人で亡命しなかった者に属していた場合」なのは明らか。文章読解により正解はZ。

 

→「あ」と「Z」の組み合わせなので③が答え。

 

 5 ‐④

:「せいぜい、嫌われた体制の遺物として、意図的に破壊されたことが危惧される程度でしょう。」という文章があるが、文書を「破壊する」のは文書を没収した革命政府(国民議会)またはその支持者であると考えられるので、それらが「嫌う体制」は「アンシャン=レジーム(旧体制)」であることがわかる。

 

①:産業資本家の社会的地位の向上が起こるのは産業革命後だが、フランス革命当時のフランスではまだ産業革命は進展していない。

②:ヘイロータイは古代ギリシアのスパルタにおける隷属民。

③:強制栽培制度はジャワ島で1830年からファン=デン=ボスが行った制度。

 

 6 ‐②

:初めて500万ポンドに達したのはグラフより1776年頃と読み取れる。

 

①:イダルゴの蜂起からメキシコの独立への一連の動きは1810s1820s

②:茶法制定とボストン茶会事件は1773年。

③:トルコマンチャーイ条約は1828年。

④:アレクサンドル1世の神聖同盟提唱はウィーン会議(18141815)において。

 

 7 ‐③

:やや設問の説明自体が分かりづらい問題。内容は平易。

 

① グラフ1より、金貨鋳造量が10年以上にわたって100万ポンドを下回った時期は1799年から1813年の時期しかない(他の時期は10年に達する前にどこかで100万ポンドを上回っている)。

② さらに、グラフ2でその時期を見てみると、紙幣発行量は一貫して増加している。

 

以上の読み取りから「ア」はフランス(対仏大同盟やナポレオン戦争を思い浮かべればよい)、「イ」は紙幣を大量に発行するとなるので、正解は③.

 

 8 ‐①

:設問やイギリスの金本位制導入が19世紀であるという知識などから、19世紀の事柄を選べばよい。ちなみに、肖像はヴィクトリア女王。インド帝国成立(1877)によりインド皇帝となった。(ディズレーリ内閣の時)

 

②:グレートブリテン王国成立はスコットランドを併合した1707年(アンの時)。

③:統一法は1559年でエリザベス1世の時。

④:ハノーヴァー朝が始まったのはジョージ1世の時。(1714~)

 

 9 ‐③

:「16世紀に」とあるので、消去法でも解ける。

 

①:銀は中国に「日本銀やメキシコ銀」が流入したのであり、中国から日本へ流入したわけではない。

②:地丁銀制の導入は清の康煕帝の頃から。(18世紀前半)

③:正解。書かれているのは張居正が導入した一条鞭法(頻出)で、明末の万暦帝の頃。16世紀後半の出来事なので問題なし。

④:アヘンの密貿易が問題になるのは19世紀前半。(cf. アヘン戦争1840-42

 

 10 ‐③

:半両銭は秦の始皇帝がつくった統一貨幣で、青銅製。また、元の交鈔は紙幣なので材料は紙。

 

 11 ‐④

:「キ」の人物はムスタファ=ケマルで、「アタテュルク(トルコの父)」の称号を持つ。アンカラで国民議会を率いてギリシア軍を撃退し、セーヴル条約を破棄して対等なローザンヌ条約を締結し、トルコ共和国を建国した彼は、カリフ制の廃止などの世俗化政策を進め、ラテン文字(ローマ字)の採用などの近代化策を展開した。(アラビア文字は廃止された。)

 

 12 ‐④

:史料中に出てくる「ア」の病はペスト。『デカメロン』はペストを逃れて非難した人々が様々なエピソードを語るという筋書きの話で、作者はボッカチオ。ボッカチオはルネサンス期の人物なので、人文主義(ヒューマニズム)の影響を受けていると考えられる。該当する答えは、「イ」と「T」の組み合わせなので、正解は④。

 ちなみに、ペトラルカは『叙情詩集』で知られる人物で、エラスムスは『愚神礼賛(讃)』などで教会批判を展開し、ルターの宗教改革に影響を与えた人物。(どちらもルネサンス期の人物。)

 

 13 ‐⑤

:ペストは、東西交流が進む中でアジアからもたらされたと考えられている。(起源は諸説あり。) ここで示されているペストの流行は14世紀半ばの流行なので、まだヨーロッパ人のアメリカ大陸進出は始まっていない。また、資料より症状が様々であったことは明らかである。

 

 14 ‐②

①:モンテ=カッシーノに修道院をつくったのはベネディクトゥスで、6世紀のこと。

③:クローヴィスはアタナシウス派に改宗したフランク王で、5世紀の人物。クリュニー修道院設立は10世紀はじめなので時期が数百年単位で違う。

④:修道院を解散したのはヘンリ8世。

 

 15 ‐④

:隋・唐の科挙は儒学の理解を問う内容。

cf. 『五経正義』孔穎達・顔師古の編纂→科挙の試験で解釈の基準に)

 

 16 ‐②

「イ」-農民の覚醒を促す

「ウ」-農民の覚醒を防遏する(防止する)

→これがはっきりと分かれば、19世紀の半ば以降農民の覚醒を促したのはナロードニキと呼ばれた革命家であったことと結びつけて解くことができる。

 

 17 ‐③

:ロシアの農奴解放令(1861)はアレクサンドル2世による。クリミア戦争(18531856)での敗北後に近代化を目指す中で出された。彼の統治下での出来事なので樺太・千島交換条約(1875)。

:クリミア半島がロシア領となるのは、キュチュク=カイナルジ(カイナルジャ)条約[1774]でクリム=ハン国に対するオスマン帝国の宗主権が否定された後の1783年で、エカチェリーナ2世の時期。

 

 18 ‐①

:「作者(オーウェル)は、トロツキーの影響を受けた組織の一員としてスペイン内戦に参加したが、ソ連からの影響を受けた共産党と対立し、弾圧された」とあることから、オーウェルが批判の対象としていたのはトロツキーと対立していたソ連共産党の指導者(スターリン)であったことがわかる。該当するのは①のみ。

 

 19 ‐②(やや難)

18世紀の中国の朝廷なので、清朝であることを確認する。

 

(図書の名称)

:清代に編纂されたのは『四庫全書』のみ。

(『永楽大典』は明の永楽帝の時期、『資治通鑑』は北宋の司馬光によるもの)

 

(史料の改竄)

「皮衣を着て禄を食み」→「遼朝の禄を食み」

「左前の服を脱ぎたい」→「中国に身を投じたい」

「漢人の衣装を着て」→「先祖の墳墓に参り」

=中国とは異なる遼の習俗を下に見る、または漢人の習俗を上に見る表現から、当たりさわりのない表現に変更されている。

 

 20 ‐②

:「結ばれた後に破棄された」という条件からも、露土戦争の後に結ばれたロシア・トルコ間で結ばれたサン=ステファノ条約が、その後のベルリン会議によって破棄されたことを想起することができる。また、条約の内容からもそれが分かる。

 

(サン=ステファノ条約の主な内容)

・セルビア・モンテネグロ・ルーマニアの独立(オスマン帝国から)

・ロシアが黒海沿岸に領地を拡大

・ブルガリアの自治(実質的にはロシアの保護下)

 

サン=ステファノ条約とベルリン会議の関係については過去の記事を参照してください。(http://history-link-bottega.com/archives/cat_253756.html

 

 21 ‐②

 20 の解説にも示した通り、「ア」に入るのはブルガリア。

 

 22 ‐③

:ボスニア=ヘルツェゴヴィナの統治権を得て、1908年の青年トルコ革命時の混乱に乗じて併合したのはオーストリアであってイタリアではない。

 

 23 ‐①

:別に資料を参考にしなくても「イ」はアメリカで「ウ」はソ連であるということはわかる。

 

 24 ‐③

(資料について)

資料X:アメリカのニクソンによる米中接近の時期の資料

1970年代前半(ニクソン訪中が1972年)

資料Y:中ソが友好関係(資料を特定する必要はない)

   →少なくとも、「中ソ論争(中ソ対立)」が起こる前(cf. スターリン批判[1956]

資料Z:日中共同声明(1972)はニクソン訪中と同年だが、米中接近を受けて日本が中国との関係を改善するので、順番としてはX→Z

    

 25 ‐②

:サンフランススコ講和会議は1951年のこと。

①:第一次国共合作は1924年で第二次世界大戦前の出来事。

③:中華人民共和国が支援したのは大韓民国ではなく朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)。

④:中国の民主化運動弾圧には天安門事件などがあるが、サンフランシスコ講和会議の時期ではない。

 

 26 ‐①

:「エ」は古代インドで文学作品が多く書かれたとあることからもサンスクリット語であることがわかる。(cf. サンスクリット文学[グプタ朝期]

 

(文学作品)―「あ」

:「あ」の『シャクンタラー』はカーリダーサによるサンスクリット文学。「い」のルバイヤートはイランのウマル=ハイヤームによる詩集。

 

(資料から読み取れる事柄)―「W」

:文章読解問題(世界史の知識は不要)。

「残りの半数はアラビア語…を推しています」=アラビア語を有用と考える委員はいる。

「西洋の図書館のたったひと棚分が、インドやアラビアの言語で書かれたすべての文献に相当することを」委員たちは誰も否定しなかった。→「否定する者がいる」という文と矛盾

 

 27 ‐③

(英語教育導入の動機)-「え」

:史料によらなくても、「う」の「(英語が)ペルシア語とともにイギリス統治以前の諸王朝で用いられていた」ことが誤りであることはわかる。(この文章の主語が英語でないなら「英語教育導入の動機」にはなりえない。)

 

(インドにおける植民地政策の特徴)-「Y」

:「Z」のベンガル分割令(1905、カーゾン法)は、ムスリムとヒンドゥーを対立させる内容で、仏教徒が対象ではない。

 

 28 ‐②

①:タミル語は南インドのドラヴィダ系言語であり、起源も古いため、ペルシア語は基になっていない。

③:ワヤンはジャワ島の民俗芸能(影絵芝居)。

④:ウルグ=ベクはティムール朝の君主。

 

 29 ‐①

:「地域1」は、ガリバルディの名前があることからシチリア島とわかる。シチリア島でラテン語がトルコ語に翻訳され、盛んとなった事実はない。

 

 30 ‐①

:「地域2」は、ヨーロッパの島国であることや万国博覧会などからイギリスであると分かる。ゆえに、14世紀から15世紀までの戦争は百年戦争のことであるため、「ア」はフランスであると分かる。

 

(「ア」の国の歴史)-「あ」

・「あ」のルール占領は1923年。問題なし。

・「い」のカルマル同盟を結成したのはデンマーク・スウェーデン・ノルウェー。

 

(「イ」にいれる文)-「X」

:ノルマン朝成立は1066年で、百年戦争とは無関係。

 

 31 ‐②

:「地域3」はオリンピックなどの記述からアテネであるとわかる。

(「地域1」=シチリア、「地域2」=イギリス[ブリテン島]、「地域3」=アテネ)

 

(時期確定のポイント)

① ローマ最初の属州はシチリア(第一次ポエニ戦争時、頻出)

② ギリシアがローマの支配下に入るのは第三次ポエニ戦争の頃(BC2世紀)

③ カエサルの頃にようやくガリア遠征→おそらく、ブリテン進出が一番遅い

 

 32 ‐④

:朝鮮の大院君による鎖国政策と攘夷論は、昨年の東大・一橋でも出題された近年の頻出問題。詳しくは以下を参照。

・一橋2020年解説(http://history-link-bottega.com/archives/cat_399056.html

・朝鮮史(http://history-link-bottega.com/archives/cat_213698.html

 

(「ウ」に入る人物)-「い」

:西太后は中国の人物なので×。

 

(「エ」にいれる文)-「Y」

:文の内容から攘夷思想について述べられていることはわかる。

 

 33 ‐②

:「オ」は朱子学(詳しくは上記「一橋2020年解説」を参照)。王守仁(王陽明)は「心即理」を唱えて朱子学の「性即理」を批判する陽明学のもとを作った。

 

①:寇謙之は北魏の太武帝の頃に新天師道(道教)を国教化した人物。

③:義浄は唐の時代の仏僧。

④:王重陽は金の支配下で全真教(道教の一派)を起こした人物。

 

 34 ‐①

「う」-壬午軍乱(1882):大院君による閔氏に対するクーデタ事件

「え」-甲申政変(1884):開化派(独立党)による閔氏に対するクーデタ事件

「お」-甲午農民戦争(1894):日清戦争の契機となった朝鮮の農民反乱(東学党の乱)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 2013年一橋の大問3は、19世紀末から20世紀初頭ごろの中国・朝鮮における政治状況を問う設問で、一橋では頻出のテーマだったかと思います。一部、高校世界史には出てこない知識を要求される設問でしたが、全体としては史料の読解によって解答を導くことができる設問ですので、大問2と同様に悪問とまでは言えないかと思います。(ただし、空欄bの補充だけは、採点時に幅を持たせないのだとすればかなり極悪な問題です。) 同年の大問2と合わせてみると、当時の一橋の設問が史料の読解と情報分析にかなり重点を置いていることが見て取れるかと思います。

 

【A】

(1、設問確認)

・空欄( a )~( d )に適語を入れよ

・革命派と立憲派の論争について説明せよ

 

(2、空欄補充)

a:興中会 / b:梁啓超 / c:北洋軍閥 / d:国民党

 

acdについては特に問題はありません。リード文の情報で十分に解答を導くことは可能です。問題なのは、空欄bです。こちらの方は、高校生の受験知識で確定することはほぼ不可能かと思います。おそらく、まともに考えて解答に近づけた受験生の多くが「康有為」と解答したのではないかと思います。個人的には、これは出題側の落ち度だと思いますので「康有為」でも正解で良いのではないかと思いますが、実際の採点がどうなっていたのかまでは分かりません。

 では、なぜ康有為ではなく梁啓超なのかと言いますと、変法運動時点での中心人物は康有為なのですが、戊戌の政変以降の言論活動については、康有為は目立った活動をしておりません。対して、梁啓超については『新民叢報』をはじめとするいくつかの雑誌を創刊して啓蒙活動を展開し、活発な言論活動を行います。しかし、梁啓超の言論活動は、1905年に中国同盟会を結成した孫文をはじめとする革命派から批判されます。中国同盟会の機関誌『民報』などで、孫文は立憲君主制を目指す梁啓超ら立憲派を時代遅れの保皇派として批判します。孫文ら革命派が目指したのは四大綱領の中でも示された通り「創立民国」であって、清朝の打倒と共和政の樹立でした。つまり、変法運動時点では進歩的とみなされた立憲君主制は、わずか数年後には皇帝制維持のための方便に過ぎない、時代遅れの考え方だとみなされていたわけです。このあたり、攘夷論、開国論、公武合体論、倒幕論などが入り乱れた日本の幕末のムードを彷彿とさせるものがあります。

 さて、やや脱線してしまいましたが、以上の内容を考えますと、「1900年の義和団事件のあと、革命派の勢力が拡大し、1905年には多数の留学生がいた東京で中国同盟会が結成された。その後、革命派は、( b )ら立憲派と激しい論争を展開することとなる。」というリード文中の( b )にあてはめるとすれば、梁啓超が適切だろうということになります。ただ、上述しました通り、( b )のヒントになりうるのはこの文章だけで、他の場所には( b )を確定できる要素が見当たりません。私は、高校受験生に対する出題であるということを考えた場合、解答者が「立憲派とは何か。革命派とは何か。」が把握できたかどうかが重要であると思いますので、解答と背景については一通り示した上で、「康有為でもいいよ。」という風に伝えることにしています。

 

(3、革命派と立憲派の論争)

・革命派:孫文(リード文からもわかる)、章炳麟、黄興ら

・立憲派:康有為、梁啓超ら

・「革命派vs立憲派」の論争とは「共和政vs立憲君主政(制)」

 

:革命派と立憲派については、すでにご説明してきました。高校世界史では立憲派と革命派の間に論争が展開されたことはあまり紹介されませんが、リード文から「革命派=中国同盟会」であることは自明ですので、革命派=孫文であることは確定できます。そこまで確定できれば、あとは立憲派が何かを割り出せばよいわけです。「立憲派」という名称から「立憲制、または立憲君主制を目指している」ことは推測可能ですし、時期や孫文ら革命派と論争していることなどから「立憲派=変法運動の指導者たち」であることを導くのはそこまで無茶な要求ではないかと思います。(梁啓超を確定させるのはかなり無茶な要求ですが。) 

ちなみに、立憲君主制は変法運動だけでなく、20世紀初頭には光緒新政の中で現実のものとされていきます。光緒新政の中心人物は西太后の意図を受けて改革を推進した袁世凱や、かつて洋務運動でも活躍した張之洞などでした。

 革命派が孫文であることがわかれば本設問では十分ですが、中国同盟会結成に際しては孫文の興中会以外にも、章炳麟の光復会、黄興の華興会などが母体になったことが知られていますので、そうした人たちを思い浮かべても良いかと思います。『民報』を中心とした言論活動では彼らのうち章炳麟や、後に国民政府の首班となる汪兆銘らが高校世界史で出てくる人物としてはかかわっています。

 

【解答例】

A、a:興中会、b:梁啓超、c:北洋軍閥、d:国民党、共和政を目指す孫文ら革命派は、「民族独立、民権伸長、民生安定」の三民主義と「駆除韃虜、恢復中華、創立民国、平均地権」の四大綱領を掲げて民族資本家や知識人、留学生などの支援を受けながら清朝打倒を主張したが、変法運動を主導した康有為や梁啓超ら立憲派は中国における共和政は時期尚早と考えて立憲君主政を主張し、革命派からは保皇派と非難された。

(すべて含めて200字)

 

【B】

(1、設問確認)

・史料を参考にせよ。

18801890年代に開化派のめざした改革はどのようなものであったか

18801890年代の開化派による改革は朝鮮の社会と政治をどのように変えたのか

 

(2、18801890年代の朝鮮)

:本設問を考える上では19世紀後半の朝鮮史に対する理解が必須です。簡単な流れを以下に挙げておきます。また、この時期の朝鮮史については甲午改革の部分を除いて、過去の記事にも掲載されています。

http://history-link-bottega.com/archives/cat_213698.html

 

1882年 壬午軍乱:大院君の閔氏に対するクーデタ

1884年 甲申政変:開化派(独立党)の閔氏に対するクーデタ→袁世凱による鎮圧

1894年 甲午農民戦争

      →日本側の朝鮮に対する圧力

1894年~1895年 甲午改革:開化派(金弘集[キムホンジブ]、朴泳孝ら)

    金玉均は18943月に上海で暗殺されている

1895年 三国干渉→日本の影響力が低下、政権内部の対立で崩壊、親露派の台頭

 乙未事変:閔妃暗殺(朝鮮公使三浦梧楼の関与が通説)

      乙未改革:金弘集が内閣を組織し、急進的改革

          →守旧派の激しい反発、国王高宗の露館播遷

金弘集は群衆により殺害される

 

※甲午改革、乙未改革を合わせて甲午改革ともいう

 

(3、史料確認)

[史料1:金玉均らが樹立した政権による改革方針]

:設問より、本史料が1884年のものであるのは明らかですから、この史料は甲申政変時のものであるということがわかります。史料の内容を簡単にまとめると以下の内容が読み取れます。

 ① 大院君の帰国要請

 ② 朝貢の「虚礼」の廃止(清の宗主権に対する反対、「独立党」)

 ③ 門閥の廃止と人民の平等

 ④ 地租の改革(汚職の一掃と財政再建

 

[史料2:18947月から8月に開化派が決定した改革方針](甲午改革)

:こちらの史料は甲午改革とよばれる1894年~1895年にかけて進められた近代化改革です。この甲午改革については高校世界史では通常出てきませんが、1894年が日清戦争の開始年、つまり甲午農民戦争の起こった年だということはわかりますので、「日清戦争の開戦で日本の影響力が高まる→朝鮮で開化派による改革が進む」ということを推測することはそこまで無茶な要求ではありません。また、本設問のメインテーマは「改革の目指したもの」であって、改革の背景ではありませんから、丁寧に史料読解を進めていけば世界史の知識に頼らなくても正解を導くことは十分に可能です。史料を読み取ると以下の内容が読み取れます。

 ① 開国紀年の採用(朝鮮独自の暦[従来は清の暦を使用]

 ② 門閥、両班、常民の平等と人材登用

 ③ 奴隷制の廃止

 ④ 税制改革(銭納)

 甲午改革を進めたのは金弘集や朴泳孝たちでした。金弘集が高校世界史で出てくることはありませんが、朴泳孝は甲申政変(1884)で知られています。金玉均は当時すでに暗殺されておりましたので、この改革には参加しませんでした。改革の内容を見ると、開化派(独立党)の目指す「清朝からの自立」と「近代化の推進」が目指されていることが読み取れます。たとえば、「開国記年の採用」は、それまでの清の暦(時憲暦)にかわる独自の暦法を採用しようということで、独立した国家としての体裁を整えていこうという姿勢の表れです。また、身分制や奴隷制の改革、税制改革による財政再建などは近代化を目指す姿勢の表れです。ただ、この甲午改革は民衆の支持を得ることができず、最終的には挫折をしていきます。

 

[史料3:189811月「中枢院官制改正件」]

:中枢院も高校世界史では全く出てきません。ですから、これは史料から何が問題となっているのかを読み取らなくてはなりません。

 ① 中枢院の役割

・法律・勅令の制定・廃止・改変

・行政府から上奏する一切の事項の審査議定

・人民が建議した事項を審査議定

 ② 議官の半数は政府から、半数は人民協会で投票選挙

この内容からは明らかに、中枢院を通して民衆が国政の場に参加するヨーロッパ型の議会を目指していることが読み取れます。

 

(4、全体のフレームワークを確認)

:以上の内容をもとに、設問の要求している「開化派の目指したもの」と「朝鮮の社会と政治の変化」をまとめると以下のようになるかと思います。

 

[開化派の目指した改革] 

① 朝鮮王朝の独立(清の宗主権の否定)

② 人民の平等

③ 有能な人材の登用

④ 財政改革

 

[朝鮮の社会と政治の変化]

 ① 朝貢や清暦(時憲暦)の廃止

  :清への服属から独立・自立した近代国家へ

② 人民の平等

 :両班の支配する世界から身分差のない社会へ

 ③ 奴隷制の廃止

  :②に同じ

 ④ 税の銭納

  :現物納から銭納への転換と財政の安定

 ⑤ 人民の国政への関与(中枢院議官の選挙)

  :議会制への転換

 

【解答例】

金玉均や朴泳孝ら開化派は甲申政変後の改革で閔氏と対立する大院君を担ぎ、朝鮮の独立、人民の平等、人材の登用、汚職一掃や税制改革を目指したが、清の袁世凱の介入で挫折した。その後、甲午農民戦争が起きて日本の圧力が強まると開化派は再び改革に着手し、朝鮮独自の暦の採用による清の宗主権否定や人民の平等と奴隷制の廃止、税の銭納などを方針とし、中枢院の議官の一部が選挙で選ばれるなど、人民の国政への参加が拡大した。(200字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 2013年、一橋の第2問は、フランス革命の「革命」の解釈をめぐる歴史家の見解について比較させる問題でした。こちらに紹介されている歴史家たちは、史学、中でも西洋近代史を学ぶ大学生が必ずと言ってよいほど耳にする(もし耳にしないのであれば不勉強か、研究の対象としている地域がよほど特殊かのどちらかだと思います。あ、でもマチエについては微妙かも)人々です。といっても現役の先生方ではなく、もう古典と言ってもよいくらいの方々ですから、もしかして今世代の大学生からは「それはお前が古いからだ!」とおしかりをいただくかもしれません。どの方もばっちりWikipediaに載ってる有名人です。(もっとも、これを見ただけだとよくわからないかもしれません)。

 ただ、本設問を説くにあたってこれらの歴史家を知っている必要はありませんし、ご存知であるという受験生もほぼいないと思います。(おそらく、一般に受験生に知られている歴史家または学者としては、ピレンヌとウォーラーステインくらいではないでしょうか。私の場合、口が滑らかになるとジャック=ル=ゴフとかブルクハルト、ホイジンガ、ジャネット=アブー=ルゴド、柴田三千雄や二宮宏之、ジョン=ブリュアあたりの名前を出すことはあるかなと思います。専門近代イギリス史のくせに微妙にフランスに偏ってるのは多分指導教員のせいですw) 大切なことはリード文を読み取ることです。この設問では、知識ではなく明らかに読解力が求められています。ですから、「受験生の知らない知識ばかりであるから」という理由で「悪問である」とは言えないと思います。

一時期、一橋ではかなりの率でこうした史資料読解を要求する設問が出題されておりましたし、今でも程度は軽くなったとはいえ、いくらかの史資料読解を要求する設問は出題されます。ですから、そうした問題の練習だととらえて解いてみても良いかと思います。古い出題傾向になりますが、以前このあたりの点についてはご紹介しています。(http://history-link-bottega.com/archives/cat_211752.html、ここ数年はまた出題傾向の変化が見られますので、古い分析はあまりあてになりません。最近は前からお話しているように、一橋の出題テーマが妙に東大臭くなってきています。) 

 

【1、設問確認】

・リード文中にある1787年の名士会の動きについて

①「革命」をどのようなものと考えるとこの貴族の動きは「反乱」とみなされるか

②「革命」をどのようなものと考えると同じものが「革命」と見なされるか

 

(参考にすべきもの)

①絶対王政の成立による国王と貴族の関係の変化

②フランス革命の際のスローガン など

 

【2、名士会の動き】

:出題当時(2013年)、「名士会」という用語は高校世界史では一般的な語ではありませんでした。ですから、1787年に名士会が開かれたことやその意義などは、当時の受験生は全く知らなかったと思います。ですが、一橋入試ではそこでひるんではいけないのです。知らないことがあってもアッテンボローばりに「それがどうした!」といえる気概を持たなければとてもではないですが太刀打ちできません。

画像1 - コピー
(田中芳樹『銀河英雄伝説』より)

 

「それがどうした!」と叫んだあとで、リード文をよく読んでみると、以下のことが読み取れます。

① 貴族への課税を中心とする改革案を作成した国王政府が1787年に召集

② 主として大貴族から構成される(会議)

③ 名士会は貴族が課税されることよりも、臨時にしか貴族が国政に発言できない政治体制そのものを批判

④ 全国三部会の開催を要求

 

 ぶっちゃけ、これだけ情報があれば十分じゃないですか?名士会。「習ってないから」というのが言い訳にしかならない、ということがよくわかる設問だと思います。けなしているわけではないですよ。人のやることや技術を見て覚えたり、習っていないことを自分の頭で考えて読み取る、ということがいかに学習をすすめる上で大切かと個人的には思いますので、強調しています。下手をすると大学院でも、大学や教授は知識を授けてくれる存在だと思っている人に出くわすことがあるのですが(多分本人に悪気はなく気づいていないだけなので責めるつもりはないのですが、時々話がかみ合わなくてイライラするのは一方的にこちら側なので困ります。でも、もしかすると向こうは「ものを知らないやつだなー」とこちらにイラついているかもしれません。)、大切なのは知識以上にどのような手法で調べ、分析し、考えるかという技術や作法の方なんです。知識なんて今どきネットで調べれば出てきますし、昔であっても調べれば誰でもわかる知識は、きちんとした手順を踏んで調べればわかりました。(もっとも、一定の作法をしらないと調べられない知識、というものはあります。現在でも、たとえばネットで情報を検索しようとするときに、お目当ての情報にすぐアクセスできる人と、そうでない人がいますが、これは「調べる」という行為に関しての技術と認識に差があるわけですね。)

 ちなみに、一橋で出題されたせいかは分かりませんが、最新の『詳説世界史研究』には名士会についての記述も載っています。一応、その部分についての文章も引用してみましょう。

 

ようやく1876年(原文ママ、1786年の誤り)、財務総監カロンヌは、すべての身分を対象とする新税「土地上納金」の設置を中心とする改革案をまとめ、翌年、臨時諮問機関である名士会に提出した。しかし土地上納金は第一・第二身分の免税特権を侵し、したがって身分制社会そのものの根幹にかかわる「国制問題」と受け止められて議論は紛糾し、名士会の解散とカロンヌの罷免に終わった。(『詳説世界史研究』山川出版社、2017年版、p.313

 

こちらの文章で読みますと、上にあげた③の部分が「国制問題」としてとらえられていることがわかります。もっとも、一橋の設問では、課税よりも「臨時にしか貴族が国政に発言できない政治体制」が問題とされていたとなっていますが、いずれにしても国制の根幹にかかわる事柄であったことには間違いがありません。

 

    ちなみに、「国制」というのは国の仕組みや成り立ち、制度、一定の政治原理に基づく国家の秩序のことを言います。

 

【3、各歴史家の説】

 リード文に書かれている各歴史家の説を比較して図示すると以下のようになります。

画像2 - コピー

 どの説においても、1787年の名士会をめぐる動きを「ブルジョワ革命(市民革命)」とはしていない点には注意が必要です。これをもとに、どのように見ると「反乱」でどのように見ると「革命」かを考えていくことになります。

 

【4、革命と反乱】

 ここで、革命と反乱とは何なのか、まず一般的な意味を考えてみましょう。

 

(革命)

・国家体制の転覆と新体制樹立

・社会システムの根本的改革

 

(反乱)

・政治体制、方針に対する不満表明と現実の抵抗

 

つまり、「革命」とは何らかの国家的・社会的基盤の変革をともなわないといけないわけですね。「反乱」の結果として「革命」につながることはあっても、何の変革もともなわない「革命」はあり得ません。たとえば、大塩平八郎の乱や米騒動を「反乱・暴動」とは言っても「革命」とは言わないでしょう。

 この議論・視点は実はとても重要で、たとえば「イギリス革命(ピューリタン革命と名誉革命)」は「市民革命」といえるのかという問題とも絡んできます。ピューリタン革命は確かに王制を打倒して共和政を樹立したし、名誉革命はそれまでイギリスでは確立していなかった立憲君主制確立のきっかけをつくりしました。さらに、各種特権の廃止によって経済活動の自由がかなりの部分、保障されました。このような視点からみればイギリス革命はたしかに「市民革命」としての要素を持っていたといえます。一方で、コモンウェルスによる支配はほんの一時期であり、その中心は上層のジェントリたちでした。また、すぐに1660年の王政復古で覆ってしまいます。さらに、名誉革命はたしかに立憲君主制の基礎を作りましたけれども、実際に議会を牛耳っていたのは大貴族やそれらと一体化していくジェントルマンたち社会の一部上層だけでした。また、「君臨すれども統治せず」というのは高校世界史ではよく出てくる言葉ですけれども、実際には名誉革命後も国王は官職に関する人事や外交などに非常に大きな影響力を持ち続けたことが知られています。このように考えると、二度の「イギリス革命」を経ても社会構造の基本的な部分はほとんど変化がない、つまり「市民革命」ではないという見方も成り立ちうるわけです。

本設問はフランス革命をめぐる問題ですが、こうした「一つの現実(事実、または史料が示している事柄)」に対し、「複数の見方」が成り立ちうるという、歴史家として大切な視点をよく示した良問ではないかと思います。

 

【5、絶対王政の成立による国王と貴族の関係の変化】

:ただ、さすがにこの反乱と革命の説明だけで400字終わらせるわけにはいきませんので、設問が「参考にせよ」と言っている事柄との関連について検討していきたいと思います。絶対王政成立によって、国王と貴族の関係がどのように変化したのか、ポイントをしめすと以下のようになるかと思います。

 

① 貴族の廷臣化(封建領主→宮廷を中心とする官僚へ)

② 貴族の国政に対する発言権が失われる

cf.) 1615 三部会の招集停止(ルイ13世期)

    1648-5  フロンドの乱→高等法院の力が弱まる

③ 貴族の免税特権など封建的諸特権は維持

   =貴族に対する課税は封建的諸特権に対する侵害

④ 1787年時点における三部会の開催要求は中世以来の慣習の復活

   =絶対王政期におけるアンシャン=レジーム自体の変革ととらえるべきか否か

 

【6、フランス革命期のスローガン】

最後に、フランス革命期のスローガンとの関係について考えてみましょう。フランス革命のスローガンとは何ぞ?となるかもしれませんが、一般的には「自由・平等・友愛(博愛)」がフランス革命の理念(スローガン)とされています。ただ、高校世界史で考えた場合(というか私の個人的な好みの問題もあるのですが)、フランス革命初期の段階で重要な理念というのは「自由・平等」に加えて「所有権(財産権)の不可侵」ではないかと思います。というのも、フランス革命の理念に「友愛(博愛)」の精神が加わるのは革命が進んで少し後になってからのことだからと言われているからです。例えば、1789年に国民議会(憲法制定国民議会)が定めた「人間と市民の権利の宣言(人権宣言)」には、「友愛」に関する事柄は一切見られません。『詳説世界史研究』(2017年版、p.314)では、人権宣言が定めた基本的人権を「自由・所有・安全・抵抗などの基本的人権」としています。これは、人権宣言の第2条が「すべての政治的結合の目的は、人の、時効によって消滅することのない自然的な諸権利の保全にある。これらの諸権利とは、自由、所有、安全および圧制への抵抗である。(Le but de toute association politique est la conservation des droits naturels et imprescriptibles de l'homme. Ces droits sont la liberté, la propriété, la sûreté, et la résistance à l'oppression.」とあるところからでしょう。また、「平等」については第1条などによって保障されています。最後の第17条が「所有権の不可侵」となっていることも印象的です。

これは、人権宣言の出された時期にフランス全土に「大恐怖」と呼ばれる農民たちの暴動が広がっていたことがあります。当時の国民議会の代表者たちはたしかに第三身分の代弁者であることを自認していましたが、どちらかといえば社会の上層に属する人々でした。そもそも、パリくんだりまでやってきて何か月も会議に参加できる時点で間違いなくアッパークラスです。働きもせず、何か月もひたすらネットカフェで豪遊しつつアニメ談議に花を咲かせるナイスガイを想像してみましょう。どう考えても金持ちのドラ息子です。そうした人々が全土で貴族や金持ちの館が農民に襲われる様子を見て、安閑としていられるはずがないわけですね。「おれん家や親戚が襲われたりしたらどうしよう…」、これですよ。ですから、国民議会の議員たちは「おれたちは第三身分の味方ですよー」という姿勢を崩さないまま、全土の「大恐怖」を落ち着かせる極めて困難なかじ取りを要求されます。これは難しいですよ。流されやすい大衆によって構成されているクラスなんかを想像してみるといいですよ。クラス全体が誰かをいじめているときに「やめろよ!」っていうことがいかに危険か。まず間違いなく、「なんだよ、お前〇〇の味方すんのかよ」という感じで、明らかにマンガだったら嫌な奴キャラになってしまっていることに気づかない奴が、いじめを止めた人間を「〇〇の味方」扱いしてきます。つまり、当時「暴動や略奪はやめよー(うちが襲われると困るから)」と国民議会が声を発することは、「んだよ、おまえら貴族の味方かよ…。やっちまえ!」となる危険性をはらんでいるわけです。

そこで国民議会が出したものが「封建的諸特権の一部廃止」と「(フランス)人権宣言」です。つまり、「君たちを苦しめていた貴族の特権はなくなったんだよ!君たちは自由だ!」ということを打ち出して第三身分の不満の原因を解消するとともに、「これをみんなに保障した国民議会は第三身分の味方!」というアピールを行うわけですね。ところが、貴族の土地については有償でしか入手できませんでしたので、実際に17898月の時点で土地持ちに慣れたのは、土地の代償を払うことができる一定の財産を持ったものだけでした(当時土地の入手に必要とされたのは20年分程度の税にあたる金額が必要)。そして、人権宣言ではところどころに「所有権!所有権!所有ケンケンケケンケン!Let’s Go!」と所有権の不可侵性を示します。

これは、「みんな誰かにものを奪われるのは嫌な気分だよね?だって、所有権は自然権で、基本的人権なんだ!だから人のものを奪うことは悪いことなんだよ!」→「貴族の土地は代々彼らが持っていた所有物だよね?もちろん、彼らだけが土地を持っているのは不公平だから譲ってもらうべきだけど、その分の代償を払わないのは泥棒だよね!」という形で、当時全土に広がっていた暴動・略奪を鎮めようとしているわけです。彼ら(国民議会)の究極の目的は「農民が過激化してうちまで襲われたらたまらんから、おれらの所有物はしっかり保護しないと!」です。

以上、歴史学的に厳密で正しくはないかもしれませんが、革命初期の雰囲気はこのように理解するとわかりやすいかと思います。革命の理念についてポイントをまとめるなら、以下のようになるのではないかと思います。

 

① 自由・平等

cf.)  自然権思想、ルソーなどの啓蒙思想家、『人間不平等起源論』(ルソー)

    シェイエス『第三身分とは何か』

② 所有権の不可侵

→当初は「自由、平等、財産」が問題となっていた

 

【解答例】

1787年に貴族が招集されて開催された名士会は国王に対して全国三部会の招集を要求したが、これを免税特権などの既得特権を守るために貴族が国王の政策に対して示した反抗と考えれば、マチエや柴田のように「反乱」ととらえられる。一方で、三部会停止やフロンドの乱鎮圧以降、絶対王政期に廷臣の地位に甘んじて臨時にしか国政に発言できなかった貴族が、アンシャン=レジーム下における政治体制そのものの変革と、中世以来の貴族の政治特権の回復を求めたものと考えた場合、名士会の動きはルフェーブルのように「貴族革命」ととらえることができる。フランス革命の理念である自由・平等はこの段階では見られず、シェイエスが『第三身分とは何か』で示した第三身分を国の根幹とする発想はないため、ルフェーブルの場合においても名士会の動きは「ブルジョワ革命」とはとらえられず、柴田においても革命の開始は国民議会が成立し、人権宣言の出された1789年とされた。(400字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前からお話していることではありますが、従来、ややマニアックな出題分野からかなり深い内容について問うスタイルの出題がなされていた一橋大学の設問の雰囲気が少しずつ変わってきています。大きな変化を感じたのは2014年の問題でしたが、それよりも少し前からも含めて、「ただ歴史的事実を整理し、まとめさせるだけの問題」から「与えられた史資料を活用して自分の頭で考えるスタイルの出題」が見られるようになりました。さらに、出題のテーマや、設問のレベルも「マニアックで、深い」ものから「一般的で、基本的な」内容のものが目立つようになりました。個人的な感覚でいうと、妙にテーマが東大臭い問題が見られるようになり、「もはや従来型の一橋の出題傾向分析は役に立たない」と言っても過言ではなくなってきました。

そこで、2014年問題以降の出題された問題をまとめ直してみました。今回、分析の対象にしたのは2014年~2020年に出題された問題で、大問ごとに「テーマ」、「地域」、「史資料重要度」に分けて整理してみました。正直なところ、「分析」というほどたいそうなものではありませんが、こちらに整理したものを見てみるとそれまでの一橋の出題傾向とは異なるいくつかの特徴が見えてきます。

 

(大問Ⅰ)

1 - コピー
:大問1については、従来は神聖ローマ帝国もしくはドイツ周辺地域からの出題が多かったのですが、近年は英仏を中心とする西欧からの出題が目立ちます。範囲・テーマも王道からの出題が多くなりました。また、史資料読解の力を必要とする出題もかなり多いかともいます。

 

(大問Ⅱ)

2 - コピー

:大問2については、従来からアメリカ史、フランス史からの出題が多かったのですが、近年はより広域における歴史上の変化を問う設問が増えてきています。史資料読解については示されない年もありますが、示された年では深い史資料読解の力を要求され、テーマも理論や事柄についての深い理解を問う、重い設問となりがちです。逆に、史資料があまり問題とならない年はシンプルですっきりとした、比較的平易な設問が多いように感じます。

 

(大問Ⅲ)

3 - コピー
:大問3については、従来は清朝を中心とする中国史が多かったのですが、近年はより現代史の方にかたよって来ている印象があります。また、単純に中国だけのことがらを聞くのではなく、周辺諸地域(朝鮮や台湾)との関係性を問うようになってきました。

 

 その他、近年の出題についていくつか目に付くところを示しますと、「政治史・経済史・社会史・宗教史が中心。(文化史の出題頻度は低い)」、「政治史の出題頻度は総じて高い」、「西洋中世・近世史では近年宗教に関連する出題が増加している」、「近現代史では、ヨーロッパの大きな変化・国際関係・民族問題が頻出」といったことが言えるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 一橋の2020年第3問については、奇しくも東大2020年大論述と同じく小中華思想がテーマでした。もっとも、東大の方は小中華思想を東アジアの伝統的な国際関係のあり方の一部として取り扱っているのに対し、一橋の方はむしろ朝鮮の小中華思想自体に焦点を合わせて、その上で1860年代から1870年代の限られた期間における国際関係との関連を考えるというもので、東大がマクロな視点からの出題だとすれば一橋の方はややミクロな視点からの出題でした。いずれにしても、19世紀末の朝鮮情勢については一橋では頻出の問題で、近いところでは2008年第3問の「日露戦争後の日本による朝鮮支配」2013年第3問の「19世紀末朝鮮の開化派(独立党)による改革(甲申政変~甲午改革)」などが出題されています。また、2009年には「1920年代~第二次世界大戦ごろの日本による朝鮮支配(皇民化政策など)」も出題されていますので、近現代朝鮮史についてはかなり手厚く学習しておく必要があると思います。19世紀末の朝鮮情勢については、以前当ブログの「あると便利な地域史」の方でもご紹介しておりますので、参考にしてみてください。(http://history-link-bottega.com/archives/cat_213698.html

 

【1、設問確認】

問1   ①  に入る言葉を答えよ。

 (リード文)  

「西洋諸国を夷狄、禽獣と視るのは、  ①  意識によるものであった。」

 (設問文)

 「17世紀の国際関係変化を受けて高揚した、自国に対する朝鮮の支配層の意識を示す」

 

→解答は「小中華」(山川用語集には「小中華」として記載、教科書や参考書などでは「小中華思想」、「小中華意識」など。本設問の論述内ではリード文にならい小中華意識として用いる方が無難。

 

問2 ・小中華思想(意識)はいかなるものであったか

   ・小中華思想(意識)にはどのような背景があったか

   ・18601870年代にどのような役割をはたしたか

   ・それぞれ、国際関係の変化と関連付けて述べよ

 

 (史資料)

  A1860年代における奇正鎮、李恒老による攘夷論

   ・「衛正斥邪」

   ・西洋諸国=夷狄、禽獣

   ・儒教道徳・礼制、それに支えられた支配体制の維持擁護

  B1876年、崔益鉉の開国反対上疏

   (私の見た問題では「上流」となっていましたが、「上疏:事情や意見を書いた書状を主君・上官などに差し出すこと、またその書状」ではないかと思います。もっとも、原文史料の方では「流」の字をあてているのかもしれませんので、間違いかどうかは分かりません。私、中国史や朝鮮史は専門外ですので。)

   ・日本との交易を通じて、『邪学』が広まり、人類は禽獣となる

   ・日本人による財貨・婦女の略奪、殺人、放火が横行する

   ・人理は地を払い、『生霊(じんみん)』の生活は脅かされる

   ・人と『禽獣』の日本人とが和約して、憂いがないということはない

 

『生霊』と書いて「じんみん」って読むこともあるんですね。こんなもん、世界史の知識だけではどうにもなりませんよ。また、奇正鎮、李恒老、崔益鉉などの人々も通常、高校世界史では出てきません。ですから、史料を読むときにはできるだけ柔らか頭で読みましょう。史料を読んでわかることは、この文章中で「人類や生霊(じんみん)」とされているのは朝鮮の人々であり、『禽獣』とされているのが西洋人と日本人だということです。1860年代の攘夷論と1870年代の攘夷論で特に大きな違いは見られません。しいて言えば、江華島事件で開国要求を突き付けて日朝修好条規を締結した日本を西洋と同一視していることが変化として見えるだけで、論の大略に変化はないと思ってよいでしょう。

 

【2、小中華思想(意識)】

:小中華思想がどのようなものか、という点については概ね以下のような説明がなされています。

 

・「朝鮮が唯一中国の伝統文化を継承しているという思想。」(山川用語集)

・「朝鮮こそ明を継ぐ正当な中国文化の後継者であるという(「小中華の」)意識…」

(『詳説世界史研究』山川出版社)

・政治的な事大(強いものに従う)と、文化的な慕華(中華を慕う)

 

【3、小中華思想成立の背景】

:小中華思想成立の背景ですが、これは設問にも「17世紀の国際関係変化を受けて高揚した」とありますので、17世紀東アジアの国際関係変化を考える必要があります。よく勉強を進めている人であればご存じの知識かもしれませんが、ここで問題となる国際関係変化というのは明の滅亡(1644)と清による中国大陸支配、そして朝鮮王朝の清への服属です。明は、李自成の乱によって最後の皇帝崇禎帝が側室と娘を手にかけた上で自害し、滅亡します。この時、明の武将呉三桂は要衝、山海関を守り、北から攻め寄せる清軍と対峙しておりましたが、農民反乱(李自成の乱)を鎮圧すべく都に引き返しておりました。しかし、都北京が農民反乱によって落とされたことと、皇帝をはじめ皇族が自害を遂げたことを知り、身の振り方を迫られます。最終的に、呉三桂は清の睿親王ドルコン(順治帝の摂政、幼い順治帝にかわって軍を率いていた)に降伏し、山海関を開いて都への先導を務めた功績により、藩王(平西王)に封ぜられます。このあたりのテーマについては2014年の第3問で出題され、「山海関」の名称も空欄補充で出題されました。(http://history-link-bottega.com/archives/cat_211847.html) ちなみに、私は山海関についても呉三桂についても本宮ひろ志『夢幻の如く』で初めて知った気がします。ヌルハチと信長が取っ組み合いするマンガはこれだけではないでしょうかw マンガは偉大。

 

画像1 - コピー
(本宮ひろ志『夢幻の如く』、集英社)

 

 さて、結果として中国大陸はそれまで漢民族や朝鮮の人々が「夷狄」とみなしてきた女真族によって支配されることになりました。朝鮮王朝はすでに清のホンタイジの時に服属を強制されておりましたが、このことは、朝鮮を中華文明の一部であり、その真の継承者であると考える小中華思想を形成していくことになります。小中華思想形成にかんして、ポイントを挙げるとすれば以下のようなものになります。

 

① 女真族の清による明の征服

② 女真族の清への服属と冊封(朝鮮王朝が清の朝貢国となる)

③ 「女真族=夷狄」という意識(女真が漢民族と異なる風習を持っていたため)

   cf.) 辮髪など

④ 夷狄化した中国にかわって明以降の正統な中国文化の後継者であると自負

⑤ 朝鮮王朝が朱子学をそれまでの仏教にかわる統治理念として国教化していたこと

→両班を通した民衆の教化進む

 

 意外に見落としがちなのは朝鮮国内の状況でしょう。朝鮮王朝では、朱子学が国教化しており、統治理念であり支配階層両班の道徳理念でもありました。朱子学を大成した南宋の朱熹は、北宋の司馬光が著した『資治通鑑』の中にある大義名分論や華夷の別を受け入れ、重視することになりますから、こうしたことも朝鮮王朝が小中華思想を形成する一助になっていました。

画像2 - コピー
(小中華思想における華夷秩序、Wikipedia「小中華思想」より)

 

【4、1860s1870sに果たした役割】

:こちらについては大院君による鎖国政策と結び付ければ良いでしょう。大院君は「日本=倭夷、西洋=洋夷」ととらえ、「衛正斥邪」(えいせいせきじゃ:正[朱子学]をまもり、邪教[西洋]を排斥する)の考えに基づいて西洋のみならず日本をも排斥していきます。これに対して、大院君に対抗する閔氏一族は、1870年代初めに国内で近代化を目指す一派の力を集めて大院君に対するクーデタを行い、大院君を失脚させます。こうした中で、江華島事件(1875、英のスエズ運河買収と同じ年なんですよね…)をきっかけとした日本の開国圧力が強まると、閔氏政権は開国(日朝修好条規、1876)による近代化によって外圧を排除するという日本と似た道を選択することになります。しかし、壬午軍乱(1882)によって改革が政権自体を揺るがすことを危惧した閔氏政権は、それまでの改革姿勢を緩め、むしろ清との協調(事大)によって政権の維持を図ろうとするようになります(事大党の形成)。こうした改革の後退と清への服属に不満を感じた開化派(独立党)は、1884年に甲申政変を引き起こすことになります。このあたりのことは上述した通り「あると便利な地域史」の方に詳述してありますので、ご覧ください。もっとも、本設問では1870年代までが対象ですので、壬午軍乱などについては言及の必要はありません。また、設問のメインテーマは「小中華思想が果たした役割」になりますので、開化派云々について詳述するよりは、閔氏のクーデタや開国に対して小中華思想に基づく攘夷論者がどのような反応を示したかをリード文を頼りに示してあげる方が良いのではないでしょうか。(原則として、すでに設問に書いてあることを書いても加点要素にはなりませんが、本設問のような問題の場合、「史資料を正しく読み取れるかどうか」も問われていますので、自分は「挙げられた史資料の示す意味が分かってますよー」とアピールできるような文脈で使用する分には良いのではないかと思います。(史資料の丸写しではだめです。)

 

【解答例】

問1、小中華 問2、小中華思想とは、朝鮮が唯一中国の伝統文化を継承するという思想で、夷荻とみなしていた女真族の清が中国全土を支配し、朝鮮王朝を従えて冊封国としたことが成立の背景にある。14世紀ごろから朝鮮では仏教にかえて、大義名分論や華夷の別を強調する朱子学を統治理念とし、国教化した。官吏任用制度の科挙と結びついて、朱子学は朝鮮王朝の支配階層である両班の基本的教養や道徳として根付いた。1860年代から朝鮮王朝の実権を握った大院君は宗主国の清が西欧の通商・外交関係に組み込まれる中でも鎖国政策を展開したが、背景には奇正鎮や李恒老のように西洋諸国を夷荻・禽獣とし、朱子学を正学として重んずる「衛正斥邪」の攘夷思想があった。1870年代に大院君と対立した閔氏がクーデタで実権を握ると、開国を迫る日本が起こした江華島事件を機に日朝修好条規が締結され、朝鮮は開国へと方針を転換したが、崔益鉉などの攘夷論者はこれを批判した。(問1、問2含めて400字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ