世界史リンク工房

大学受験向け世界史情報ブログ

カテゴリ:テストで差がつくワンポイント > 3_内陸アジア・東アジア世界の形成

【定期考査/共通テスト】

:テストの定番、秦の始皇帝と前漢の武帝の政策まとめです。全部の情報を盛り込んじゃうとかえって見づらいのでいくらか削りましたけど、まぁこの辺をおさえておけば困りはしませんよね。特に、双方に似たようなものがあって区別がつきにくい部分には要注意です。焚書・坑儒が始皇帝っていうのはあまり間違える人いませんが、半両銭(始皇帝)と五銖銭(武帝)とか、蒙恬(始皇帝)と衛青・霍去病(武帝)とかはわりと「あれ?あれあれ?」ってなったりします。覚えるという作業ももちろん大切ですが、どのあたりでつまづきやすいのかをあらかじめ予見しておくということは効率の良い学習にもつながります。

秦始皇帝と前漢武帝


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【難関大】

 中国史は多くの王朝が交代するために受験生にはなかなかまとめにくい部分かと思いますが、なかでも魏晋南北朝時代は多くの王朝が入り乱れているわりに一つ一つの事柄についてのイメージがしにくく、受験生は手薄になりがちな箇所です。ですが、この時代の中でも北魏の歴代皇帝とその事績、中でも太武帝孝文帝については色々な私大の設問で出題される隠れた頻出箇所ですので、ここをおさえておくと他の受験生に一歩差をつけることができると思います。

太武帝については華北統一(439年)と道教国教化、孝文帝については漢化政策と均田制あたりを軸に肉付けしていくと良いでしょう。元々は鮮卑という北方遊牧民だった北魏が、孝文帝の頃には漢化して北方の拠点平城を捨て漢民族の政治の中心地洛陽に都を移し(494年)、農耕民族の支配を円滑に進めるために均田制や三長制を導入したというようなイメージ、ストーリーを描いておくと記憶に残りやすいかと思います。

また、北魏は文化面においてもよく出てくる部分です。以前ご紹介した敦煌・雲崗・竜門の石窟寺院のうち、雲崗と竜門はそれぞれ北魏の頃に造営が開始され、平城・洛陽の郊外にあります。さらに、酈道元の著した『水経注』(中国各地の河川についての注釈書)、賈思勰の著した『斉民要術』(現存する中国最古の農業技術書)も頻出ですが、これも「遊牧民だから慣れない土地の水利や、農業技術についての実用書が必要だったのかなぁ」というようにイメージしておけば北魏と結びつけやすくなります。(実際にそうだったのかは別として)

画像1

北魏の主な皇帝一覧

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【難関大】
朝鮮半島の統一王朝は新羅・高麗・朝鮮王朝と続いていきますが、これらの都は金城・開城・漢城です。教科書などですとバラバラに出てくることが多く、覚えにくいのですが、セットにして覚えておくとそれほど苦になりません。(金城は慶州で出てくることもあるので、その点は注意です。)

また、設問等で頻出の部分も新羅の場合は骨品制、高麗の場合は建国者の王建、朝鮮王朝では訓民正音と世宗など、わりと定番のものが出てきますので、朝鮮の近現代史を除けば整理しなくてはならない情報量はそれほど多くありません。

画像1 - コピー

  関連事項は高校世界史に登場する全てを網羅しているわけではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【共通テスト~難関大】
なぜか最近出題頻度が高まってきているのが
「清明上河図」です。(実際にはもっと横に長いので、画面に表示されているのはその一部です。)

seimei
(Wikipedia「清明上河図」より)
これは、北宋の都、開封の様子を描いたもので、開封の内外のにぎわう様子が事細かに描かれています。イメージがわきにくい場合には北宋版の洛中洛外図屏風みたいなものと考えるとすっきりします。(もっとも、洛中洛外図屛風の方が後ですが。)

 この絵が不思議と最近よく出ます。近年もセンター試験の方で出題された記憶がありますね。一つのポイントとして、北宋の都開封は運河の結節点に位置した商業都市であったという点を確認しておくと良いかと思います。国際的ではあったものの、多分に政治的な計画都市であった唐の長安とは違い、北宋の都開封は商業都市としての側面が色濃く出ていました。(たとえば、長安は市の場所も、営業時間も決められていて深夜営業などはできないのに対し、開封においてはかなり自由に商売が行えるようになっており、夜間の営業も可能でした。) 北宋時代は商業的な発展が見られた(もっとも、国内と江南の沿岸地域において)時代でもあり、草市や鎮といった地方都市の発展が見られたのもこの時期です。宋の時代に形成された中国国内の商業ネットワークは、元の時代に入って国際的な通商のネットワークと連結されていきます。

 さて、そんなわけで、「清明上河図」はよく出ます。関連する知識として、以下のことをおさえておくとよいでしょう。

 

(関連知識)

・「清明上河図」=北宋の開封の様子を描いた絵

・作者は張択端(ちょうたくたん)

・開封の繁栄を伝える作品としては、他に『東京夢華録』

:南宋の孟元老による、開封の繁栄を伝えた回顧録。

 

だいたい、大学受験の問題というのは使い古されてみんなが解けるようになってくると、少し変化球にして、その周辺の少し細かい知識の方を問うようになってくることが多いので、もしかするとそろそろ張択端だの、東京夢華録だのが中国史好きの難関大当たりでは出てきたりするかもしれませんね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【定期考査】~【難関大】(頻出)

・石窟寺院は「敦煌、雲崗、竜門」(北魏史もからめて)

:もう、とにかくよく出ます。頻出事項ですが、うろ覚えの人多いです。これらは位置も含めてよく出るので、常に「敦煌、雲崗、竜門」の順でセットにして覚えておくこと。できた時期もこの順番です。

石窟寺院位置 - コピー
その他、ポイントは以下の通り。

 

① 「莫高窟」ときたら敦煌

 

② 雲崗は北魏の最初の都、平城の近く。(平城は黄河の折れ曲がる右肩のあたり)

 

③ 竜門は北魏の孝文帝の頃に遷都された洛陽の近く。

 

Dunhuang_Mogao_Ku_2013.12.31_12-30-18 - コピー
 Wikipedia「莫高窟」より)

 

 雲崗と竜門は北魏の歴史と結びつけておくとよいです。

北魏は北方異民族の五胡のうち鮮卑の拓跋氏が建てた国です。その関係で、初期の都は平城(地図中の雲崗のそば)であり、それまでの中国の政治の中心からはかなり北の方にあります。華北を統一し、寇謙之を重用して新天師道(道教)を国教とした3代の太武帝の頃は、この平城です。(雲崗の石窟は仏教に帰依した4代目文成帝の時に建造が始まります。)

しかし、6代目の孝文帝の頃には漢民族との同化が進み、漢化政策が採られます。その流れで、都も元々の中国の政治の中心地がある南の方にうつり、洛陽に遷都されます。また、農耕民族である漢民族に同化する中で、農村政策も重視されるわけで、この頃に三長制均田制の導入が始まります。竜門の造営が始まるのもこの頃です。

 

 以上の流れをおさえた上で、

・太武帝の頃‐華北統一‐北方拠点

・孝文帝の頃‐漢化政策‐南へ遷都

とイメージしておくとわりと頭の中が整理しやすくなります。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ